学校沿革

戦前の学校


大正 6年 マニラ市サンパロックにマニラ日本人学校を開設

大正13年 第一次校舎竣工

昭和12年 創立20周年記念祝賀式を挙行

昭和18年 マニラ日本国民学校と改称

昭和19年 大戦の激化により28年間の歴史を閉じる

 

戦後の学校


昭和43年 日本語補習学級を開設

昭和47年 小6,中学部が全日制授業開始

昭和50年 小4・5年生が全日制授業開始

大使館附属マニラ日本人学校として比国が認可

昭和51年 小学部・中学部共に全日制授業開始

昭和53年 校舎新築,パラニャケ校舎へ移転

昭和63年 創立20周年記念式典を挙行

平成 6年 文部省より研究指定を受ける

平成10年 創立30周年記念式典を挙行

平成13年 校舎新築,タギッグ校舎へ移転

平成16年 文部科学省より研究指定を受ける

平成20年 創立40周年を迎える

平成27年 タギック校舎 15周年を迎える